ロゴ画像

2018.11.07.Wed

布施 【金太郎パン】創業98年の老舗パン屋さん

Share

こんにちは!
今回紹介するお店は、SEKAI HOTEL布施のフロントから徒歩2分のところにある “金太郎パン”です!
米よりパン派なので、ずいぶん前から気になっていた金太郎パンの近くにSEKAI HOTELが出来てとても嬉しいです。
たくさんのメディアで紹介されているので既に知っている方も多いのではないでしょうか?

声の主は?

布施駅から南に向かって商店街のBGM“カントリーロード”に合わせて鼻歌交じりで歩いていると、懐かしい音楽とは別に何かアナウンスが、、、音が聞こえる方へ歩き進めると
「ただいま、焼きたてのあんぱんができました、いかがですか〜」
なんと、看板の横のスピーカーから外を歩く人に向けて焼きたてのパンをお知らせしていました!
その明るい声につられて、店内へ

パンで埋め尽くされる店内

店内に入るとパンがぎっしり並んでいます!
右を見ても、左を見ても、パン・パン・パン!
食パン・菓子パン・お惣菜パン・ラスクなど、どこを見渡してもパンでいっぱいです。
おそらく100種類以上はあります。

それもそのはず、金太郎パンは今年で98年目の老舗パン屋さんなんです。
店主の今崎さんは3代目で今でも朝は2代目のお父様、夜はお母様が店番をされています。
先々代である祖父の代からあるパンと、今崎さんが開発した新商品のパンもあるので、こんなにも種類が多いのだそう。

金太郎の由来

金太郎とパンって一体どんな関係があるのかと気になって聞いてみました。
店名の名付け親は、今崎さんの祖母。
当時あんまり食料供給が良くない時代。
「布施の街の子供達が金太郎のように元気が出るようにパンを食べてもらいたい」という思いで“金太郎パン”と名付けたそうです。
今でも、パンが美味しいのはもちろん明るい店員さんが迎えてくれるので金太郎のように元気が出ます!

昔からあるブリオッシュ

そんな老舗店の長年愛されたおすすめのパンはブリオッシュ!
ブリオッシュとはフランスのお菓子で、当時まだ日本に伝わっていない時にそれを模倣したパンを作ったのだそう。
バターをたっぷり使ったシンプルな味で人気商品です。

金太郎パンにはイートインスペースはないですが、宿泊者限定で朝10時~11時の間はSEKAI HOTEL布施のカフェで買ってきたパンを食べることができます!
たくさん種類があって迷いましたが、おすすめのブリオッシュ・つぶあんぱん・カレーソーセージパンを買ってきました。
たっぷりバターを使ったふわふわなブリオッシュと、甘すぎず控えめすぎないつぶあんぱんに、ピリッと辛いカレーソーセージパン!
どれもとってもおいしいのに3つ買っても500円しませんでした。世間の味方ですね、おいしくてお買い得な“金太郎パン”おすすめです!

INFORMATION

金太郎パン

住所
東大阪市足代1-13-6
TEL
06-6721-3023
営業時間
7:30-22:00
定休日
木曜日

Google Map