ロゴ画像

2018.12.11.Tue

icoima vol.3 読書の秋

Share

秋も深まる11月。第3回目のicoimaは読書の秋をテーマに開催されました。

普段あまり読書をしない子も、本が大好きな子も。

少しでも本との距離が縮まるイベントになるように、様々な企画を用意しました。

さて、当日はどのような様子だったのでしょう。写真と共にお伝えします。

本の読み聞かせ

11月icoima、最初のイベントは本の読み聞かせです。

読み聞かせといっても、私たちインターンシップ生が子供たちに読み聞かせをしたわけではありません。

小学校高学年の子供たちが、低学年や幼稚園、保育園の子供たちに読み聞かせを行いました。

その狙いは、子供達にカッコいいお姉さん・お兄さんを認知、自覚してもらうこと。

”今日初めて会ったけど、このお姉さんカッコいいな。”

”小さい子に本を読んであげられている自分、なんだかカッコいいな”

そんな思いを、読書を通じて少しでも持ってもらえるように。

本を読む子を決めるとき、高学年の子供たちは初め恥ずかしさから ”えーいやだー” と、

誰がやるのか、押し付け合いを始めました。

でも、役割を与えられ、いざ本を読むとなったとき、彼女らの目はぱっと、お姉さんの目になり

しっかりと丁寧に、年下の子供たちに読み聞かせをしてくれました。

低学年の子供たちの目にもきっと、このような彼女らの姿はカッコいいお姉さん、と映ったはずです。

 

読書通帳

本の読み聞かせが終わり、次に行ったのは読んだ本の感想記入です。

読書通帳という読書カードを使用し、感想を記入してもらいました。

読書通帳とは、その名の通り通帳として貯金を行うことが可能です。

しかし貯めることができるのは、お金ではなく読んだ本のページ数。

読書をした日にち、本の題名、ページ数を読書のたびに記入していきます。

もくもくと書き進める子供たち。

もっと貯めたい!!と読み聞かせで読んだ本以外に、会場に用意してあった本を読み始めました。

読書通帳が全てうまったらSEKAIHOTELのフロントへ見せにきてくれる約束です。

子供たちが何冊の本を読み、何ページの貯金をしたのか。それを見られるのがとても楽しみです。

 

ブックカバー&しおりづくり

読書通帳への記入も終わり、最後に行ったのはブックカバーとしおりづくりです。

ブックカバーはクラフト紙を利用して、しおりは画用紙を利用して

そこにデコレーションを施し、作成しました。

絵をかくのが大好きで、好きな本の表紙を紙いっぱいにかいた子

マスキングテープで自分の好きなかたちをつくる子

本に関する英文をみて、インターン生と一緒に英文をブックカバーに記入する子


思い思いの個性的なブックカバーやしおりが作られていきました。

 

最後に

私たちが西九条のみなさんにできることは何なのか。

イベント内容を企画する時、いつも胸の中にある言葉です。

私たちの活動が、西九条のみなさんの笑顔に繋がるように。

これからもこの問いの答えを探し続けます。

今月参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

また次回、お会いしましょう!