ロゴ画像

2020.03.09.Mon

My ORDINARY vol.3 〜たこ焼きでちょっとだけおさぼり〜

Share

陽が落ちきって、すっかり暗くなった布施のまち。

商店街が一番賑やかになる時間だ。

晩ごはんのためにお惣菜屋に並ぶ主婦さんたちが、

チャリで塾へ向かう学生たちが、

居酒屋のシャッターをあげる店主の兄ちゃんが、

仕事終わりの上司と部下らしき人たちが。

色んな人が商店街へやってくる。

シフトを終えた後の晩ご飯は、いつも何を食べようか迷ってしまう。

今日は寒かったので、無性にあったかいものを食べたくなった。

「そうだ、たこ焼きにしよう。」

「丸幸水産」は、僕のお気に入りのたこ焼き屋さん。

でも、この店を選ぶ理由は、”たこ焼き“ だけではない。

もちろん、たこ焼きもすっごく美味しいけど、店主の寺田さんと話すのが楽しい事も来てしまう理由だ。僕が何か相談事をすると、いつもビシッとアドバイスをくれる。

「お疲れっす。からしマヨひとつ!」

先に注文をすませ、店の前に並べられた椅子に腰掛ける。

そんな店の前では、いつも地元の人たちが足を止め、たこ焼きを買わない人でさえ、店の前に座って話している。たこ焼き屋さんなのに、スナックみたいな雰囲気を感じる瞬間がある。

今日も、いつもの常連さんが缶コーヒー片手に座っていた。僕は冷えた手を擦り合わせながら、常連さんと店主の寺田さんと世間話を楽しんだ。

「あいっ、お待たせ!」

たこ焼きがやって来た。「からしマヨ」は僕のお気に入り。からしとソースの甘みが絶妙にあう。

出来立てのたこ焼きの上では、今日も鰹節が踊っている。

熱いのを冷まそうと、お箸で割ると立ち込める湯気。

「いただきます」口にほうりこむが、まだ熱い。

でも、寒い日には、この熱さがたまらない。

「まだ休憩してていけんの?」

この店に来ると、話が弾んで止まらないせいで、お箸が止まってしまう。

まだ残っているたこ焼きの蓋を閉め、慌ててフロントまでこ走りで戻った。

2分遅れことは、まだ誰にもバレていない。

夕暮れに訪れる、このたこ焼き屋での時間が、” My ORDINARY“ 。

BOOK NOW