ロゴ画像

2019.01.17.Thu

布施【笑福堂】布施の隠れ老舗和菓子屋

Share

こんにちは。
近鉄布施駅から徒歩7分ほどの場所に、“笑福堂”(しょうふくどう)という和菓子屋さんがあるのはご存知ですか?
商店街から少し外れた場所にあるので、ご存知でない方も多いかもしれません。

今回はその笑福堂をご紹介していきます!

えみふくさん?

明治36年に現店主のおじいさんのお兄さんから始まった笑福堂。
ということは、今年で創業116年!老舗中の老舗和菓子屋さんです。
実は笑福堂、創業当時は“笑福堂”という名前ではなかったんです。
創業時の名前は”やっこ餅”と、今とは随分違う… 。その後、笑福堂に改名。
笑福堂を昔から知るお客さんには”えみふくさん”と呼ばれていたそう。 素敵な呼び名です。

そんな笑福堂の店主、出倉さんは少しシャイ。
でも、いつもお店に行くたびに、「ちょっと見て行く?」と工房の中を見せてくださったり、お菓子を作るところを見せていただいたりと、とても優しい方です。

職人技を支える道具

この機械、何かお分かりですか?
なんとこれはお餅をつく機械です!
今はもっと性能の良い機械を使っていますが、昔はこちらを使っていたそうです。
この写真からでも伝わる重厚感。
和菓子屋さんに行くことはあってもいつもは食べるだけ。中まで見て、この機械の立派さと古さに感動しました。

「こっちにもいっぱいあるよー!」と店主が見せてくれたのは

たくさんの木型!これらは練り切りや盆菓子などの型取りや、装飾部分に使われるものです。
この写真だけでおよそ50種類はあります。
更に驚くことに、倉庫にもあるそうなので100種類はあるそうです。

木型の彫り目がとても細かくて美しい。
繊細な技術が必要とされる和菓子作りにはこの木型が欠かせません。そしてこれらは全てオーダーメイド。
一つ一つの道具に店主のこだわりが詰まっています。

職人技を体験!

取材に伺ったこの日は、SEKAI HOTELゲストがSEKAI PASSを使って体験できる和菓子作りを、スタッフで模擬体験させて頂きました!初めての和菓子作りにスタッフ一同ワクワクです。

いざ、練り切りに初挑戦!
まずは飾り付け用の餡をざるのようなものでこします。

こした餡を、粒あんのまわりに細い箸で飾っていきます。

ピンクと黄色の餡で山の紅葉を表そうとしているのですが、色合いのバランスが難しい…。
店主は簡単そうに作られますが、この細いお箸も扱いが難しかったです。

試行錯誤を繰り返し、なんとか紅葉の練り切りが完成!
ちなみに、左手前が店主が作ったもの。色のバランス、形が絶妙で流石です。

お菓子は“生きもの”

和菓子作りを拝見させていただく度に、店主の技術に感動するのですが「こんなんお遊びやで」と笑いながら話されます。

しかし今回はせっかくなので店主のお菓子に対する想いを伺いました。
「お菓子は生きものと一緒。作る人のその時の感情がそのままお菓子に現れる。だから一つ一つ、丁寧に、魂を込めて作る。」
そして、
「日本の素晴らしい文化を、海外の人、若者に伝えていきたい。」
と話してくださいました。

世界無形文化遺産の「和食」の中に含まれる和菓子。
日本の文化をより身近に感じ、触れることができる笑福堂は布施の大きな魅力ですね。

袋いっぱいの和菓子

今回の和菓子作り体験でたくさんお土産を頂いてしまいました。こんなにたくさん食べられない!と思いつつも
甘いものは別腹ですね。店主のお菓子に込めた情熱と温かみを感じながら、美味しくいただきます。
店頭で販売されているお菓子は季節によって変わるので、是非足を運んでみてください。

INFORMATION

笑福堂

住所
大阪府東大阪市足代3-5-12
TEL
06-6721-3163
営業時間
7:30~18:30
定休日
木曜日

Google Map